Parallax

ラグナロク

神々はこの世の終わりを知っていた。アースガルドでは雄鶏グリンカムが、巨人の国では赤い雄鶏フィヤラルが、ヘルの館では赤茶けた雄鶏が鳴いている。冥府の前にいる狂犬ガルムは、遠吠えしている。
それから三冬、激しい戦いが雨のように続く。終わりを知らない戦い、剣の戯れは絶えず、血の洪水は激しくなるばかり。暴力が絶対の世界になり、家族や兄弟同士の争いは続き、姦淫は簡単にまかり通る。矛の時代、剣の時代、嵐の時代、狼の時代が続く。
やがて恐ろしい冬が訪れる。雪は激しく、風は強く、霧はひどく、太陽は全く役に立たなかった。このような冬が三回来たが、夏は一回も来ない。やがて狼が太陽と月を飲み込んでしまう。山は崩れ、大地は揺れ、樹木は枯れ、星は地に落ちる。
やがてロキを筆頭に、ヨルムンガルド、フェンリル、火の巨人スルト、ガルム、巨人たち、ニブルヘイムの住民たちが、神々の国アースガルドをめざしていた。虹の橋ビフレストは、ロキ一行が渡るとき、簡単に崩れてしまう。
ヘイムダルは立ち上がり、力いっぱいギャラルホルンを吹いた。神々は集合し、戦いの準備をした。そしてついに「最後の戦争」が始まった。v オーディンは大狼フェンリルと、トールは大蛇ヨルムンガルドと、ヘイムダルはロキと戦う。フレイは炎の巨人スルトと、チュールは狂犬ガルムと戦う。
フレイはスルトの戦いに破れてしまう。召使スキールニルに剣をやったから・・・。チュールとヘイムダルは相撃ちになる。トールは大蛇を倒すが、大蛇に吹きかけられた毒によって死んでしまう。オーディンは、フェンリルに飲まれてしまう。しかしオーディンの息子ヴィーザルがフェンリルを倒す。片足で下あごを踏みつけ、手で上あごを押さえて、口を引き裂いたのだ。
生き残ったスルトは、大地に炎の塊を投げつけ、全世界を焼き尽くす。アースガルドも、ミッドガルドも、ヨーツンヘイムも跡形も無くなくなってしまう。

Parallax

世界の再生

海の中から新しい大地がよみがえる。新しい太陽の光により、草原や森がエメラルドのように輝いている。鳥はさえずり、魚はぴちぴちとし、種もまかぬのに穀物が育っている。
オーディンの息子であるヴィーザルとヴァーリは生きていた。彼らはアースガルドの跡地であるイザヴェルの草原に住む。
トールの息子であるモージとマグニも生きていた。彼らはミョルニルを持っていた。なんと死んだはずのバルドルやヘズも、奇跡的に生き返った。
神々はこれまでの過去について語り合った。フェンリルのこと、ヨルムンガルドのこと・・・。そして彼らは黄金の将棋を見つける。黄金の将棋は神々が昔使っていたものだ。
ホッドミーミルの森の中に、リーヴとレイヴスラシルという二人の人間が身を隠して、生命をつないでいた。そしてこの二人から、人間の子孫が生まれる。このように世界は再び繁栄する。そして神々の軌跡は、永遠に語り継がれるのだ。
そして今でも・・・・北欧神話は生きている。

END